トレンド

中島結太の声が気になる!身長や年齢などのプロフィールや家族も紹介

Last Updated on 2023年12月10日 by yukayuka

2022年に行われたSASUKE40回大会で、当時中学2年生で初出場を果たした中島結太さん。

史上最年少でのクリアは惜しくも叶いませんでしたが、2023年41回大会にも出場が決まっており、注目が集まっています。

あのミスターSASUKEと呼ばれる山田勝己さんも絶賛する身体能力の持ち主です。

インタビューなどで中島結太さんの声が高いけど地声なのか?と思う人もいるようです。

そこで今回は、

中島結太さんの気になる”声”の原因は何か?

身長や年齢などのプロフィールや家族

についてご紹介します!

中島結太の声が気になる!原因は?

中島結太さんは、2023年現在中学3年生の15歳。

通常男の子の声変わりは14~15歳と言われているので、結太さんもちょうど声変わりの時期なのではないかと思います。

身長も1年で4cm伸びて、体重も6kg増えたと言っていますね。

身体も全体的に筋肉質になっているので、成長ホルモンの分泌が活発になっている証拠です。

声変わりが始まると、低い声を安定して出すために声帯の周りの筋肉も発達していくので、結太さんもまさに声変わりの途中ということで間違いなさそうですね。

中島結太のプロフィール

中島結太

名前中島結太(なかしま ゆうた)
生年月日2008年生まれ(中学3年生・15歳)
身長157cm
中学校兵庫県加古川市陵南中学校

中島結太さんは、兵庫県加古川市にある陵南中学校の3年生!

テニス部に所属していて、テニスの動きがSASUKEの新エリアへ対応できるとの事で役に立っているといいます。

中学3年生といえば受験生ですが、週末はSASUKEの練習前に朝4時に起きて勉強を済ませているようです。

自身の将来のために勉強は重要と語り、SASUKEと両立させています。

昔はパイロットになりたかったそうですが、今はまだ将来は決めていないとの事。

今では「SASUKEが人生の柱」という中島結太さんが初めてSASUKEを見たのが小学校4年生の時。

始めは遊び的にやっていて徐々に本格的になっていったと語っていました。

2021年7月に山田勝己さんが率いる「黒虎」の入団テストに挑戦し、育成選手として入団。

1年間のトレーニングを経て2022年SASUKE40回大会に出場しました。

惜しくも1stステージで敗退した中島結太さんの次の目標は、まず1stステージを史上最年少でクリアする事。

さらに2nd, 3rdステージもクリアし、山田勝己さんをファイナルステージに連れていき完全制覇をする事だそうです。

中島結太さんの身体能力は山田勝己さんも20年に1人の逸材だと言っていますし、完全制覇を2度達成している森本裕介さんも弟子にしたいと絶賛しています!

中島結太の家族を紹介

中島結太さんの家族は、両親と妹の4人家族です。

父親の大輔さん、母親の友紀さん、妹の和奏(わかな)さんです。

結太さんは、毎週末に山田勝己さんの自宅練習所に通っていて、父親の大輔さんが送迎をしています。

母親の友紀さんもSASUKEのファンでよく観ていたそうで息子さんがそのSASUKEに出場しているのは嬉しいでしょうね。

妹の和奏さんは体操を習っていて、山田勝己さんの自宅にあるドラゴングライダーにチャレンジし、成功したそうです。

すごいですね!

結太さんは自分で決めた事は必ずやりきるという性格で、ご両親は温かく見守っています。

まとめ

中島結太さんはまだ中学3年生ながら、その身体能力の高さでこれからのSASUKEを背負う有望な選手として注目されています。

声変わりの途中で成長期で、今後の活躍が楽しみです。

あの森本裕介さんも達成できなかった史上最年少での1stステージをクリアに期待がかかりますね!